リード材用 密度計

商品番号 F41 メーカー Rieger
長年、ファゴット奏者はリード材の密度はかり、オーボエ奏者は硬度をはかってきましたが、様々なテストを実施し、多くのご要望にお答えできるよう、オーボエ材でも密度を計測できるようになりました。
Jean-Marie HeinrichがGeorg Rieger社と共同で開発した密度計です。 密度を図るという経過でお好みの材をみつけるという利点だけでなく、材料の再生力についてそして、計測結果の正確さ(硬度計と比較)なども追求し開発されました。 今では、密度計測はリード製作で大望過程として重要視されています。

硬度と密度は、相互関係にありますが、いつも硬い材料が高い密度とは限りません。

オーボエでは、こちらの数値が有効であると実証されています。
  • 密度 低い: 55-61
  • 密度 中庸: 62-65
  • 密度 高い: 66-70
  • 密度 とても高い: 71-76
  • 密度 極めてとても高い: 77+
数値は、メーカー、年代、口径によって大きく影響されます。

こちらの密度計は、価値の高い特殊鋼で製作されています。
出荷準備ができています